仮面を落とす

皮膚に負担をかけずにメイク落としをしよう

化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、チークなどフルメイクをした後は、メイクを落とすのも簡単にはできません。
メイクにかかった時間と同じくらい、メイク落としにも時間をかけて行うのが肌には良い方法です。
メイク落としには、いろいろな方法があります。
クレンジングオイルでとる方法、クリームでとる方法、ジェルでとる方法、シートで拭き取りながらとる方法。
やり方もメイク落としで顔を洗ったあと、洗顔フォームなどでさらに顔を洗うダブル洗顔の方法と、ダブル洗顔が必要なく1回のクレンジングでお化粧を綺麗に落としてしまう方法があります。
どちらをやるにしても、あまり皮膚に力をかけずにやさしい力でメイクを落とすと、肌に負担をかけずにすみます。
また、最近では石油系の界面活性剤を使わずに、90%以上の美容成分が配合されているクレンジングも出ています。
美容液でメイクを落としていると言ってもいいでしょう。
肌に負担をかけずにメイクを落とす方法は、洗顔のやり方とともにクレンジングの成分にも目をむけると、洗い終わったあとに肌がつっぱることがなく、つるつる、しっとしりとした肌になることが実感できるはずです。
そうすれば、肌の黒ずみやくすみまでだんだんととれてきます。

メイク落としはポイントごとに優しく

メイク落としと一言で言っても、そのテクスチャーも、使える範囲も様々です。
オイル、ミルク、クリーム、ジェル、シートなどがあり、またクレンジングの後、洗い流せるタイプ、ふき取るタイプがあります。
メイクを落とす力としては、やはりオイルが強いようですが、乾燥肌の方が使うと肌の潤いも落としてしまうこともあります。
またシートは大変便利ですが、メイクを落とす際にどうしても肌をこすってしまいがちで肌が傷みますので、毎日使うものというよりは、旅行やお泊りのときなどに限定した方がよさそうです。
テクスチャーは使う方の好みもありますし、バスタイムに一気に洗い流したい方は、濡れた手でも使えるものが便利ですし、メイクは別にしっかり落としたい方はふき取りタイプでもいいでしょう。
メイク落としというと顔全体のメイクを落とすイメージがありますが、理想としてはアイメイクは専用リムーバーで落とし、口紅はリップリムーバーでそれぞれ優しく落としてから、顔全体のクレンジングがおすすめです。
特に目元は皮膚が薄く、できるだけ刺激を避けたいところですので、専用リムーバーで目元の肌に負担をかけずにメイクを落とすことが色素沈着などのトラブルを防ぐことになります。

Favorite

浜松で餃子なら

自動車学校 千葉

お風呂リフォーム 千葉

Last update:2018/1/26

『メイク落とし』 最新ツイート

@_Rii512

めも メイク落としと洗顔と乳液買う

1分前 - 2018年11月20日


@koremowatasi24

先日お風呂屋でのできごと。 A『メイク落としは?』 B「ないよー?」 A『忘れたの?』 B「ううん。このポロポロすればメイクとれるから、あとは石鹸で顔洗えばOKでしょ」 ピーリングの使い方ちがう!(゜゜;) #人間観察 #肌荒れが酷くてへこみ #このクレンジングいる?

12分前 - 2018年11月20日



ページトップ

Copyright © 2015 仮面を落とす All Rights Reserved.